顧問弁護士とは何か

法人や個人と顧問契約を結んでいる弁護士のことを顧問弁護士といいます。
お抱え弁護士やかかりつけ医師の弁護士バージョンなどと呼ばれることもありますが、わざわざ契約を交わす必要があるのかと、疑問に感じている人もいることでしょう。
なにか解決しなければならない問題が発生するたびに、都度相談や依頼をすればいいのではないかと思うかもしれませんが、顧問契約を結んでおくほうが、さまざまな面でメリットがあるのです。

たとえば、顧問弁護士はほとんどが月額サービスです。
各種法律事務などの業務がセット売りされているような形になっているため、金額も割安になっている場合がほとんどです。
簡単な相談や業務の依頼では別途費用が発生することもありません。
顧問契約でない場合は相談するたび、法律事務の処理などを依頼するたびにお金がかかりますし、金額も割高なものになってしまうケースが多いのです。

また、顧問であればいきなり相談したり仕事をお願いしたりできるケースもありますが、顧問でないと事前の問い合わせや相談、契約と毎回わずらわしい手順を踏まなければならず、スピード感がありません。
顧問であれば契約関係にある法人や個人の実情を把握しているため、対応が早く提供してくれる情報が正確、トラブルもよい形で解決できる可能性が高まります。

以上が顧問弁護士とは何かの説明ですが、このサイトでは契約締結までの流れと各ステップで押さえておくべきポイントを解説します。
契約を検討している人が混乱することなく、スムーズに手続きを進めるための一助となれば幸いです。


◎Special Link
実際の顧問弁護士の費用が気になる方はこちらのサービスを参考にしてみてください > 顧問弁護士の費用